受付時間
平日:8:30〜12:30 15:30〜19:30 土曜日:8:30〜12:30 午後休診
休診日
日曜日・祝日
休診日
電話0187-63-2633
アクセス
〒014-0051
秋田県大仙市大曲浜町7-40

大きな地図で見る
この看板が目印
JRC(関節可動回復矯正法)
関節可動回復矯正法は、柔道整復師の田代富夫先生が中村吾郎先生の協力を得て開発した矯正法です。
Joint mobility Restore Correction の頭文字をとってJRC(ジェーアールシー)と名づけられました。
関節可動を回復させる矯正という意味です。この名の通り基本的に位置的な矯正を考えるのではなく、あくまで関節本来の可動、特に関節包内の動きを回復させることに主眼を置いた矯正法です。

他 の 矯 正 方 と の 違 い

1.他の矯正法と比較してかなり弱い力で矯正する
2.矯正時の可動範囲が小さい
3.仙腸関節の可動法は呼吸を利用した矯正法が中心である
4.関節に対して面圧のかかる力をかけて可動させる
5.位置の矯正ではなく可動の回復を目的としている

腰や膝・肩・首などの関節にかかわるほとんどの痛みをこのJRCで治すことが出来ます。しかも、とても優しい治療なので痛くもありません。まるで、「ただ触っているだけ」とか「軽く関節を動かしているだけ」と感じる施術方法なのです。しかし効果は絶大で、あっという間に効果がでます。

な ぜ 、 こ ん な に 優 し い 施 術 方 法 な の に 絶 大 な 効 果 が ?

今までの治療法の問題点を近代医学の理論を通して新たな発想から試行錯誤のうえ開発した矯正法であり、臨床研究を重ね、その効果が充分確認されたものだからなのです。特に関節が可動するときに関節の中で動く小さな動きである『関節包内運動』を改善させてあげることで、とても大きな効果があがることがわかったのです。この包内運動は、関節内の骨の動きなので、多くの腰痛の原因と言われている仙腸関節と言う骨盤の関節などでは、ほんの2mm程度のものなのです。ですから動かすというより、たださわっているだけのように感じるのです。たとえて言うなら、機械がさびついているときに全体のさびを考えるのではなく動きを悪くしている原因のつなぎ目のさびをまず取って、動きを良くしてあげることに集中するわけです。その原因のつなぎ目(関節)の動きを良くしてあげると、動きの悪かった体中の関節がつぎつぎと動き出し、自ら流れを良くしていくのです。つまり、人間自身にある治癒力を再始動させてあげるわけです。
ですからJRCで治しているのは、つなぎ目のわずかな動きだけなのですが、そのことが体全体の流れや治癒力を高める手助けをしてくれるのです。しかもやさしく安全な治療法であると同時に効果も絶大なのです。

ページトップへ